読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ネタはガ板のアレ

QMAの話でなんかあったら書くかもしれません。

賢竜杯:Re振り返り

全然書いてませんでしたが、今回は念願の2回戦シード権を手にしての参戦となりました。
今では賢竜杯は1日目、2日目という言い方になった*1ので、参加するためのハードルは昔より下がったと思いますが、シード権(昔で言うところの本戦参加権)を獲得するのは当面の目標だったので、これはほんとうに嬉しいです。
もちろん一発で取れるような力があるわけでもなく、取れるまでは出られる限りの予選に出たという感じですけれど。


予選についての振り返りは割愛。ここでは本戦の振り返りだけ記載します。
ルールとかそのへんはめんどくさいのでこちらを参照
http://kenryuhai-re.seesaa.net/


賢竜杯Re:1日目

2日目から参戦なので、観戦してみての感想。
もっとも、所用につき夜だけしか見られなかったのでちょっとだけ。


想像はしてましたけど、1日目のレベルは本当に高かったと思います。枠の数は多かったので確かにチャンスも多かったですが、いかんせん面子が強者揃いでどこに放り込まれても簡単には行きそうにない。
まあ、当然といえば当然なんですが、だからこそ予選で権利を先に取りたかったというのも大きかったですねえ。
最終的には知り合いが続々と二日目の権利を手にするのを見て、自分も頑張らなきゃなあと気を引き締められる思いでした。

賢竜杯Re:2日目

というわけで2日目。
まずは無事にプリキュア始まる前の時間に起きられましたw
もっとも、時間の都合上見ないで家を出たんですけれど。
正直な所一番不安だったのが寝坊しないかどうかでしたが、そこはなんとか問題なく済みました。

2回戦

メDRさん、にゃん3こさん、しゃけMK−2さん


俺はシード権持ちの方で相手が既に確定してたので、事前に情報を仕入れつつ、こっそり対策してました。
メさんは高い確率で野球だろう。仮に野球ならあまり炎上はしないから、炎上したら仕方ない。
にゃん3こさんは並べ替えの何かだとありがたいなあ。
過去の大会記録をあさるとライ○×とか芸パネとか出してたりするけど、しゃけMK−2さんが芸文字サークルの主の方なので芸パネは絶対にないだろう。
問題はしゃけMK−2さん。正直な所あまり情報が仕入れられなかったんですが、
芸文字サークルの主というのを知ったのと、面子を考慮するとかなり飛んでくる可能性が高そう、ということで1週間ほどこっそり芸文字を対策しました。


自分が何を使うかも決めておきたかったけど、にゃん3こさんとしゃけMK−2さんの情報が不足していたのでそこまで考慮できず。
グラフが事前にわかればなあ。
で、結局当日グラフを見て、サッカーを選択しました。
メさんは野球だけじゃなくスポーツ全般固いですが、サッカーなら問題次第でリードを奪えるだろう、というのと残りお二方の赤グラフが低めだったので。
本当はアニゲを投げられればベストだったと思うんですが、アニゲで使えるものは並べ替え。
にゃん3こさんといえば言わずもがな、並べ替えは全て高精度にこなせるお方なので、この選択肢はありえない。
アニ並は本当に頼りになるんですが、アニゲにももう一つか二つぐらい自信もって投下できるものが欲しいなあ・・・。


結果は・・・
野球(メさん)→サッカー(俺)→文並(にゃん3こさん)→アニ択(しゃけMK−2さん)
野球でよりによって3ミスと炎上。俺が一歩後退
サッカーは可もなく不可もなくで1問ぐらい刺し返したもののまだビハインドという感覚。
文並は1ミスでメさんはまくったものの、あとのお二人が間違えてくれず。
アニ択は簡単な問題を1ミスしたものの、刺した問題もありプラマイゼロくらい。


結局野球のビハインドを取り戻せず3位で敗者復活行きとなりました。
やっぱり野球のほうがサッカーより難しいですよ!*2

2回戦敗者復活

セレネさん、MP999999さん、モグやんさん


1位抜け+惜敗率6人というのに、よりによってかなり辛い相手を引いてしまう*3
セレネさんは文系の自由形式、MPさんは理系の自由形式、モグやんさんは芸タイをこの時点で切ってたはず。
てことは、MPさんからライ多が飛んできそう。最悪だなあ・・・。
セレネさんは文順だろうか、成語に寄ってくれることを祈る。文多だったらラッキー*4
モグやんさんは自由形式で芸能かな?


と、こんな感じのことを頭に思い描きながら臨むことに。
筐体に座ってグラフを見ながら、セレネさんを刺せそうな手持ちはアニ並しかないのでアニ並を選択。
自由形式でスポーツでもよかったんですが、自由形式はどのジャンルも使えることを踏まえるとここで切りたくはなかったのと、
正直な所アニ並のほうが信頼度が高かったので選択に踏み切りました。


結果は・・・
アニ並(俺)→社文字(セレネさん)→ライ多(MP999999さん)→芸タイ・キュ・エフェ(モグやんさん)


アニ並はいい感じに刺さってくれて、全員に2問以上の差をつける。
セレネさんの選択はなんと社文字。やった、サブ武器だよ!
・・・からの1ミス。セレネさんに1問詰められる。セレネさん以外のお二人にはここまでで結構な差がつく。メンテ不足だからしょうがない。
MPさんはやっぱりライ多。ここまでのリードを保てるような問題が来るのを祈るしかない!
・・・ここは1ミスだったかな?わかる問題が半分、あとはうろ覚えと勘でしたが、なんとかしのぎました。
最後は芸キー。やった、サブ武器(ry ・・・からの1ミス。
リンチーリンは読めるくせに岡本信は読めないらしい*5


と、いうわけで、1位でここを抜けることに成功。
アニ並ちゃん頼りになる!サッカーなんて最初からいらなかったんや!


正直な所、セレネさんとモグやんさんに俺が過去にやってたものがバレてなかったから都合のいい物がたまたま飛んできた上に、
投げられると3回に2回ぐらい炎上するライ多をたまたましのげたという偶然が重なっての勝利だったので、運で持っていった勝利だと思います。

3回戦

タッチさん、ますたるさん、せんばみなもさん*6


知っている人ばっかりの組み合わせに。
タッチさんは自由形式が残っていたので確実にライスタの自由形式だろう。うーん、ここもしのげることを祈るしかない。
残りのお二人のいずれかに野球を使われると苦しい展開になるなあ。
ますたるさんはがんでんさんがいるからスポーツは選ばずに芸グルかなあ、となんとなーく当たりをつけてました。
がんでんさんは読めない。スポ他でゴリ押しされると嫌だなあ。


こんな感じのことを考えて筐体へ。
アニスポとパネル系、ランダム系がこの時点で使えない、がんでんさんにスポーツはあり得ないので、
出来ればアニゲを使いたいところだけど、自由形式で投げられるほどアニゲには自信がないので、自由形式で社パネ総合を投げることに。
タッチさんには並はあまり効果ないと思うけど、残りのお二人を押さえることを考えたほうがいい、との判断。


結果は・・・
ライ択・キュ・グル(タッチさん)→社並・文字・スロ(俺)→芸グル(ますたるさん)→社グル(せんばみなもさん)


ライスタは3ミス。四択を2ミス、グル分けを1ミスだったかな。タッチさん以外の2人は1〜2ミスぐらいしてたはずだから、ギリギリ許容範囲。
四択2ミスはいかんなあ・・・。
社パネはすごくいい引き、特に並が暴れてますたるさんとがんでんさんをうまく刺すことに成功。タッチさんにはやっぱり並は効果なかったけど、まあ想定通り。
ただ、スロで一つ自爆したのであれは要反省。
芸グルはどうかなあと思ったけど、結構ヌルめの出題。過去になんどもPEACEをV6にして間違えていたことを思い出したりして、なんとか無難に凌ぐ。
社グルもそこまで難しくないセットでなんとか無難に凌ぐ。


最終的には1位で抜けました。社パネ総合がここまでうまく仕事してくれるとは。
考えて選択したものがちゃんと機能すると本当に嬉しいですねえ。
というわけで、なんと4回戦に!
・・・そろそろもう使えるものがないよ!

4回戦

さわちゃんさん、ぉとこまえさん、FLガーデルマンさん


うわあ・・・。さすがにここまで来ると厳しい相手しかいませんねえ。
その上アニ並、サッカー、自由形式を既に切っていて、こちらは飛車角落ちの状態。
相手は全員格上。この状況で何を選択すればいいのか・・・。
さらには1位抜けで2位が敗者復活という厳しいどころじゃない条件。
さわちゃんさんがいるから文多はありえない。そもそも全員に文系があまり効果無さそう。むしろ自爆してビハインドする可能性のほうが高い。
理系・・・は、グラフを見る限りあんまり効果無さそう。
社会はパネル以外は自分ができないし、そもそもさわちゃんさんがいるからNG。ライスタは使えるものがない。
というわけで消去法的に芸能のキー系のどれかに。
さわちゃんさんはタイピング全般できたような気がするからキューブかなあ・・・。
でもぉとこまえさんはキューブなんでもできた気がするよなあ・・・。
・・・と、悩んでるうちに選択時間がなくなりそうだったので、結局芸キュを選択。


結果は・・・
社連(さわちゃんさん)→芸キュ(俺)→アニ線(ぉとこまえさん)→ライ文字(FLガーデルマンさん)


社連で簡単な問題を含む3ミスで大炎上。この時点でかなり絶望的に。
芸キュでちょっと盛り返したかと思ったら1ミス、そしてやっぱりぉとこまえさんに刺さらず。
アニ線は結構難しかったものの過去の遺産でミスは最小限に留める。ぉとこまえさん以外のお二人はここで結構間違えていた。
ライ文字は可もなく不可もなくという出題だったけど、この面子では間違えたら即ビハインド。


というわけで、社連の大炎上と自信を持って放れない自選が大きく響き4位で終戦。
1位はほぼ全答でぉとこまえさんでした。(1ミス?で2位のさわちゃんさんとも大差)
うーん、悔しいけど今の俺ではこれが限界。


その後も白熱した戦いが続く中、優勝したのは前回に引き続きまほうよわいさんでした。
決勝は本当に熱い展開でした。


振り返り

結果を見ると、今の実力からすると十分過ぎるほどの結果になったと思います。
自分の出題がハマり、相手の出題にも恵まれ。
ただ、総合力で勝負できるほどの地力ははっきり言ってないので、手札が尽きたらもう為す術ない、という状況に。
そもそも社連炎上して負けてるので自選がどうこうじゃないんですが、せめて「この面子ならこれを放ればいい」というものが4回戦でも選べたらよかったなあ、と思います。
地力をつけるのは常にやらなきゃいけないことなのでそれはもちろんなんですが、大会では格上の相手にいかにして食らいつくか、あわよくば食うか、という点を考慮すると、自信をもって選べるものは一つでも多い方がいい。
これまでもそうやって生き残ってきたので。
今までの大会だと、試合数的に自分だけ手札が完全にゼロになることは少なかったんですが、今回は完全に万策尽きた状態で臨まざるを得なくなってしまったので、最後はジリ貧でした。
最初に敗者復活に回らなければまた違ったかもしれないですねえ。


大会で勝つには総合正解率80ちょいぐらいの人をいかにして下すかという課題がつねにつきまとうので、色々大会に出てみて様々なルールを経験して、
対戦相手とルールを考慮して何を出すかを選んで、それでうまく立ち回れれば多少の力不足は補える、ということは今回の賢竜杯でも証明できたと思います。
正解率90近い人を下す方法はさすがにちょっと見えませんがw


課題は、地力不足、手札不足・・・結局いつもどおりかw
やることは大きく変わりませんね。投げられるものを模索しながら、基本は苦手の底上げ。
今回の結果は運が良かっただけと言われても全く文句はないですし、自分でもそう思ってますが、いつか「勝ち上がるべくして勝ち上がった」といわれることができるように今後も頑張るだけです。

感想

楽しかった!!!
これだけの人が集まってこれだけの戦いができる/見られる場なんて他にないですし、ぜひぜひまたやりたいですね!
もちろん、大会後の飲みもすごく楽しかったです。残念ながら時間の都合で2時間ちょいぐらいで終わっちゃいましたが、何度でもやりたいですね!
前作では開催されずに本当に悲しかったので、今回は想像以上の結果を出せたことよりも、また開催されて、それに自分が参加できたことが何よりも嬉しかったことです。


文章が長ったらしくなって申し訳ないですが、この辺で。
今後も頑張りますので、オンでもオフでもよろしくお願いします。

*1:前回の賢竜杯からこの言い方に。それまでは本戦を1日、その本戦に参加するためのシード権を各地の予選と前日予選で争う形だったので、「賢竜杯に出る」というのは「本戦に出場すること」という認識を持ってました。

*2:感想には個人差があります。

*3:正直な所、他のひどい組み合わせを見ると、これでもまだマシなほうだという・・・。恐ろしい大会です。

*4:今作は文多で自爆しながら瑠璃賢者になりました。

*5:「信」を「まこと」と読ませる別のジャンルのエフェクトがあるので、それとごっちゃになっちゃうんですよ。うーん・・・。

*6:がんでんさんと言ったほうが多分わかりやすいかな?